逆子と逆子体操について

逆子とは、お腹の中の子供が逆さまになっている
ことを言います。妊娠から8ヶ月目ぐらいになりやすいです

理由としては、それまでの赤ちゃんはまだ小さいので
羊水の中をプカプカと浮かんでいるのですが、その頃に
なるとカラダが大きくなって固定されるのです

それがさかさまの状態だと逆子ということになります
頭がしたになっている状態が通常ですね

逆子だと出産時にへその緒が絡みやすくて危険なことが
あります。帝王切開で取り出したり、それまでに逆子体操
というもので100%ではないえすが、ひとによっては
治すこともできます

逆子を心配する

逆子体操について

スポンサードリンク

逆子体操は、仰向けに寝て、両ひざをたてて、腰を上げます
腰の下にクッションなどをおいて、10分ほどこの姿勢を保ちます。

他にもやり方はあるようですが、詳しくは産婦人科で逆子と
診断されたときに、先生が教えてくれるはずです
100%効果があるというわけでは無いようですね

【カオルのワンポイント♪】
逆子体操は根気よく続けることが大切ですよ。あとお医者さんにもマメに相談しましょうね♪

要チェックその1 ⇒ 子供ができた時点で備えておくべきこと!
要チェックその2 ⇒ 妊婦さんのための失敗しないブライダルエステ選び

スポンサードリンク

関連エントリー