代表的な避妊具・避妊法

◆コンドーム

もっともポピュラーな避妊具ですね。男性器につけることで 女性の膣内に精子が流れるのを防ぎます

コンドームほど優れた避妊具は、なかなか無いでしょう 薄いコンドームやニオイつきなど、まだまだパワーアップしていって いますね。

コンドーム

ただ、100%防ぐと思っている人が多いようですが、 それは大きな勘違いです!!お気をつけください

◆ピル

経口避妊薬、またの名をピルといいます。 コンドームと違い、女性が飲む避妊薬ですね。主な効果は三つ

「排卵が起きない」
「子宮内膜が着床に適する状態にならない」
「子宮頚管粘膜が粘りけをもつ」

◆オギノ式避妊法

名前のとおり、荻野博士という人が考えた避妊法です 詳しく説明すると・・・

「次の生理の前日から逆算して12〜16日の間の5日間に 排卵日がおこる」という学説から来ています

オギノ式を見る

しかしこの方法は、かなり不確実ですね。 なぜならば、ちょっとしたストレスなどで、カンタンに 月経のタイミングがずれるかです

出来てしまった後に、いままで一度も狂ったことが
無かったのになぜ?と嘆く女性も多いと聞きます

◆パイプカット

「もうこれ以上は絶対に子供は要らない」という人にだけ オススメ出来る方法です。

手術によって、精子が出る精管をカットしてしまいます。 当然ことながら精子が出ません

パイプカットの手術

この手術方法をバイブカットといいます。 手術自体は4,5日程度で終わるカンタンな手術なのですが、 一度この手術を受けてしまうと、次に子供を産みたいと考えても 絶望的であると知っておきましょう

ウカツにはやらない方が良いですよ

◆ペッサリー

ペッサリーは日本での普及率はかなり低いです。 なぜならば日本人にとって、慣れない子宮の中にモノを入れて おくという行動が苦痛だからです

名前ぐらいならば聞いたことがある方もいるかもしれませんが、 まずこれから先も流行ることは無いでしょうね

詳しく説明すると、薄いゴムで出来たおわん状の避妊具で 大きさは約6センチ

コレを膣内に入れて、子宮の入り口にかぶせます。 子宮の入り口がどこかわからない人にはそもそも使うことも 出来ないという欠点を持ちます

【カオルのワンポイント♪】
この中では、やはりコンドームがもっともポピュラーなかつ避妊効果も高い 避妊具なのでは無いでしょうか?最近はゴムが薄いのではなく、ゴムが厚いのも ブームとなってきているらしいです^^

要チェックその1 ⇒ 子供ができた時点で備えておくべきこと!
要チェックその2 ⇒ 妊婦さんのための失敗しないブライダルエステ選び

スポンサードリンク

関連エントリー